オーダーシャツを仕立ててみる

###Site Name###

本来ワイシャツは下着でしたので、人に見せるようなものではありませんでした。

しかし今ではファッションの一部として重要視されるようになり、いいワイシャツを着ていると一目置かれるようにもなりました。

一般的には既製品で自分の体型に合ったものを探す場合が多いですが、首周りや腕の長さや胸囲など人によってサイズの組み合わせは無数にあるといっていいでしょう。せっかくいいスーツを着ているのに、ワイシャツがいまいちで台無しにしているというようなことにもなりかねません。そんなことも考えて、オーダーシャツを持っておくと良いかもしれません。


オーダーシャツにはフルオーダーとパターンオーダーがありますが、スーツのように工程に大きな違いがあるのではなく、種類のバリエーションの違いだと考えたほうが良いでしょう。
ですからオーダーシャツの値段の違いは、素材の違いによることが大きくなります。



オーダーシャツを作るにはまず生地を選びますが、それには素材や柄や色が含まれます。
もともと下着だったため素肌に着るのが基本と考えると天然素材を選ぶことになります。
ただし、ポリエステルと混ぜたものだと皺になりにくいというメリットもあります。

柄については無地が無難ですが、目的にあわせストライプやチェックなども選べます。

4meeeについて調べるなら、こちらをご覧ください。

次に襟形を選びますが、ワイシャツでは重要なポイントです。


レギュラー、ワイド、ボタンダウンなど数十種類のパターンを用意しているテーラーもあるので、TPOに合わせたものを選びましょう。

その他袖や裾などの細かなパターンを決めていき、体型に合わせて仕立てていきます。

オーダーシャツの様々な情報を掲載しています。

最も注意する点は自分の持っているスーツに合っているかどうかです。

そのためにも、合わせたいスーツをテーラーに着て行き相談するのがお勧めです。